そもそも、なぜコラーゲンが若さを

保つために必要なのかご存知ですか?

理由をお伝えしますね。

 

京都薬品ヘルスケア株式会社
ミネルヴァコラーゲン6000

 

 

◆たんぱく質の疲弊が潤いの低下の原因

 

 

私達人間の体は、60100兆の細胞が

集まって出来ています。

 

その中でも「たんぱく質」は、
細胞にとって、
1番大事なもの
なんです。



私達の体は、酸素を取り組むことで、

栄養を燃焼し、それをエネルギーに
換え、
活動をしています。

 

このようなサイクルが、常に体内で

行われ、私達の体のタンパク質も

少しずつ疲弊していくんです。

 

これを解消するために、

「疲弊したタンパク質」を

「元気なたんぱく質」に入れ替える

ことで、体を循環させます。

 

 

ですが、この循環が乱れると

疲弊したたんぱく質が働かなくなり、

若々しさに必要な潤いに

悪影響を与えるというわけなんです。

 

さらに、元気なたんぱく質を作る

力も減ってくることもマイナス

要因の一つともなっています。

 

 

◆コラーゲンがたんぱく質の循環に

必要な大きなカギ

 

 

まず、体内のたんぱく質は、

 

・非コラーゲンたんぱく質

・コラーゲンたんぱく質

 

2種類から成り立っています。

 

 

この2種類のたんぱく質は、

食事から摂る栄養たんぱく質を

原料として、循環が行われます。

 

酸素が肺に入って、栄養として

取り入れられたたんぱく質は、

小腸に入ります。

 

それを運ぶ役割が「コラーゲン」

です。

 

コラーゲンに元気がないと、

循環がうまくいかないので、

栄養や酸素が最後まで、

しっかり届かないということに

なってしまいます。

 

 

 

◆コラーゲンは、20歳を境に減少し、

食事では補えない

 

 

体を作っているたんぱく質の

30%がコラーゲンから出来ています。

 

潤いを与えるためのコラーゲンは、

20歳をピークにだんだん減少

していくと言われています。


 

ですが、コラーゲンを食事からは、

ほとんど補うことはできません。

 

 

コラーゲンが摂取できるのは、

骨や皮、内臓、腱ですが、

普段の食事ではほとんど

食べることはないんです。

 

 

なので、食事から摂れない

コラーゲンは、

「ミネルヴァコラーゲン6000

ような美容ドリンクで補うしか

ないんですね。





ミネルヴァコラーゲン6000の
詳細はこちらから

   ↓

ミネルヴァコラーゲン6000